ぶるみんのゲーム日記。

徒然なるままに、プレイしてるゲームとか興味のあるゲームの事について書いてくブログ。

DOBを上げてみよう!

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

皆様素敵なCOJライフを送っていますでしょうか。
僕は昨日黄単ワンショットで遊んでいたのですが、2回連続で拒絶ハンデスを食らい心が折れそうになってました。(今まで食らった事なかったから全くケアしてなかった。流行ってるとは聞いてたけどまさか自分が食らうなんて思ってもいなかったよ←)

 

そんなわけで私も拒絶を入れてみました!弱肉も2枚入れて珍獣対策は万全!!
さあAP盛るぞおおおお!(どうせまた炎上

 

・・・それはさておき、今回はDOBについてのお話です。
あ、ちなみにDOBっていうのは「Deck Original Bonus」の略です。
DOBが付与されるのはBランク以降からになりますので、今回のお話の対象はBランク以上の人向けになります。
DOBの上げ下げ調整ぐらい自分で出来るぜ!って人は「なんか偉そうに書いてるなぁ・・・」と思いつつ暖かく見守って頂ければと思います。(やめて石投げないで

 

・・・さて。

「傾向」として、DOBが低いデッキはデッキパワーが高く、DOBが高いデッキはデッキパワーが低い、と言うのはまず覚えて頂きたい点です。
あくまで「傾向」と言っているのは、デッキの組み方によってDOBが低くても弱かったり、逆にDOBが高くても強いデッキが存在するからです。

今回目指したいのは「出来るだけDOBが高くて強いデッキ」です。DOBが高すぎて勝てなくてもいけないので(ニコニコにあげたDOB:Sの青単とかね)、自分の勝率などとも相談してみましょう。

今回はDOBをCやBにするためのコツについて、いくつか書いてみようと思います。

 

・サーチャーカードを工夫する

皆さん、デッキ圧縮にはどんなカードを採用していますか?魔道書を使ってる人も多いと思いますが、実は特定種族のユニットのみをサーチしてくるカードは案外オリジナルポイント(以下OP)が高かったりします。
例えばですが、「リトルドラコ」はサラマンダーのサーチによく使われますが、これを「竜の胎動」にすると1枚につきOPを4pt稼ぐことが出来ます。
他にもマーヤやハデスなど強力な不死ユニットをサーチできる「冥界の門」は今期OPが1ptです。
しかしながら、「リトルドラコ」を「竜の胎動」に変える、つまり「サーチユニット」を「サーチトリガー」に変える事はデッキパワーの低下につながります。進化元が少なくなる事だったり、腐った時に軽減にさして使えなかったり。その辺りは良く考えて入れ替えを検討しましょう。

 

・DOBが高くて「自分のデッキと相性がよさそう」なカードを入れる
(いやそれが分かったらこの記事要らない気が。。。)極端な例ですが、とあるサラマンダーが入ってる赤単のDOBを上げるために4ptの黄色インターセプトスケアクロウ」を入れるのはナンセンスなわけですよ。それを入れるぐらいなら、サラマンダーと連携が取れる「龍の咆哮」なんかを入れたほうが強いわけです。
「龍の咆哮」は竜種族のみに適応されるBP強化カードで、竜以外のユニットには使えないため扱いづらいカードですが、サラマンダー3枚入っているようなデッキなら、もしかすると発動のチャンスがあるかもしれません。もし発動のチャンスが無くなったら、「無限の魔法石」のコストにしてしまえばいいのです。

このように、OPの高いカードと言うのは「特定の状況には強いけど、それ以外ではあまり使えないカード」というものがあります。その他にも「破滅のギャンブラー」のような「相手の行動依存になってしまうので使いづらい」カードもあったりします。あるいは「そのカードを最大限活かすためにはデッキ構築そのものをそれ専用のモノにしないといけない」といったカードも。ちなみにこういったカードは所謂「A・Sデッキ」構築に使われやすいです。

DOBがBやCのデッキに入れやすいのは「相手の行動依存で使いづらいが、ハマれば強い」「ある特定の種類のカードと組めれば威力を発揮できる」の2種類かと。
例えば、一発ずつ殴られやすいデッキの場合は「破滅のギャンブラー」。「拒絶する世界」は株を上げましたよねホント。赤単だと「ハードフレイム」なんかはアレキサンダーに有効打。相手のトリガーゾーンを空に出来るデッキなら「死の焦熱空間」なんかもアリでしょう。黄単なら「湖畔のアリエ」と「ヴァイス・ヘルメス」は相性抜群です。

 

・・・どうです?DOBを稼いで勝利時のAPで得したくなってきませんか?
あまり使われていないカードの利用法を考えてみるのもなかなか趣があって楽しいかもしれません。

 

 

では、今日はこの辺で。