ぶるみんのゲーム日記。

徒然なるままに、プレイしてるゲームとか興味のあるゲームの事について書いてくブログ。

本日のCOJ(9/12) と、”自殺”について。

今日はイベント戦。15戦10勝。

久々にブレイブガオガオ。ネタで入れたつもりのドラゴンゾンビとスサノオが意外と大活躍。侍でもそうなんだけど、スサノオをピンで入れとくといざって時に役立つ。
CP7で効果も少し使いづらいんだけど、L3でBP10000の貫通持ちはなかなか止まらない。維持できれば出来るほどアドバンテージ稼げるユニットだなぁって思いましたん。
自分の場に緑ユニット1体とかの状況で出せると素晴らしくイイネ。

 

さて、ちまたではメフィ自殺が話題になっているようですが。

止むことなき"自殺"~現行イベントシステムの限界 - COJ山梨支部

 

最初に書いておきますが、僕自身は「メフィ自殺」を奨励もしませんし逆に否定もしません。COJっていうのは個人戦だし、COJ山梨支部さんにも書いてあるように、それぞれイベントの楽しみ方や遊び方があると思う。

 

昨日もチラッと書いたんだけど、こう「メフィ自殺」デッキにやられるとどうも対戦には勝ってるんだけど負けた気分になる。こう相手の思い通りにさせてしまってる感じ。

私基本的に自分の思うことが一つも出来ないで相手に踏みにじられる試合って嫌いなんですよね。アレです、負けて「あったまる」っていうやつです。逆に自分の思い通りに試合運んで相手が何も出来ずに沈んでいく様を見るのは心が躍ります(ゲス顔
負けるにしても何かしら相手を苦しめてから負けるというか、やっぱ一矢報いたくなるんすよ。ネタデッキ使うにしたってね。にしても昨日はホントに何もさせてもらえなかったから凹んだ(´・ω・`)

で、メフィスト自殺は試合には勝たせてもらえるんですが、相手の思い通りにさせてしまっているんですよ。加えて「俺のデッキ強いだろ(ドヤ」とかもさせてもらえないわけですよ。こっちは自分の作ったデッキを対戦を通して相手に披露したいのに「しらねーよこっちは早く試合終わらせたいんだよ」って言われてるのと同じ。
蛇足ですが、俺も対戦とかしてて面白いデッキ使ってる人と当たると、負けたとしてもなんというか感心してその人のアイデアパクろうとしたりします←

僕はね、相手を思い通りになんかさせたくないんすよ。思い通りにさせて「勝たせる」のは僕にとって屈辱を感じえないわけです。
相手が必死こいて俺に勝とうとしてるのを巧みに裁きながら自分の戦術を押し付け相手の戦略を踏みにじり、そして勝つ。やはり物事の勝利にはある程度の困難さが無いと達成感と言う名の快楽は得られない。

カパエル出てきて、自殺させないために弱肉使おうか迷ったこともありましたよ。そんな簡単に死なせてたまるかってね。結局発動せずに一思いに逝かせてあげたけど、自分は「これ何のゲームやってんのか分からないなぁ」って思いました。

 

対戦を通して色々考えたり、自分のミスに落ち込んだり、そういう試合の過程も含めて楽しみたくて俺は1試合60円を払ってます。
ただ、はやくイベント消化してカードだけ欲しい、って人の気持ちも分かります。ぶっちゃけこのイベントつまらないって人の気持ちも分かります。だから、プレイスタイル・デッキとしての「メフィ自殺」は否定は致しません。

ただ、自分は「メフィ自殺」と当たって対戦に勝っても、なんだか虚しい気持ちになってしまいます。それだけです。

 

 

今日はここまで。