ぶるみんのゲーム日記。

徒然なるままに、プレイしてるゲームとか興味のあるゲームの事について書いてくブログ。

タッチで採用しやすいユニットたちの紹介。~黄色編~

今日の公式ブログ、結構いいこと書いてあるなぁ・・・


J子の初心者講座 第9回目~色属性を知ろう : コード・オブ・ジョーカー公式ブログ

 

COJ始めたてで、どんなデッキを組もうかなぁと思ってる人には色の特徴は参考になると思うのでぜひ読んでみてくださいませ。

 

でこの記事に「タッチ」という概念について書いてあるんですが、今回はその「タッチ○○」の○○に使いやすいカードをご紹介していこうかなと思っています。
(公式ブログからネタを拝借していくCOJブロガーの鑑(なのか?))

基本的にタッチで採用するユニット群は黄色や青に多いです。
そして、タッチで採用するユニットというのはその多くが

「それ1枚で役割を遂行できる」

カードです。

例えば「ジャンプー」はそれ1枚で「ユニットを相手の手札に戻す」という役割を遂行できます。しかし、例えば「月夜のオデット」は「手札に戻したいユニットの行動権が落ちていないと役割を遂行できない」ために、相手の行動権を落とすカード(黄色に多いですよね)を採用しないと使いづらく、タッチ採用はされない傾向にあります。

 

補足説明も加えてみましたが、タッチの概念については大丈夫でしょうか(;・∀・)
それではユニット紹介に移りたいと思います。
今回は黄色をピックアップして紹介していきます。

 

・ジャンプー

f:id:brmn:20140918181359j:plain

(C)SEGA

 

タッチ採用といえばこいつ!と言わんばかりの代表格。こいつを紹介しないとタッチ○○の紹介は始まらないと言ってもいいほど。黄色スターターパックにも収録されており、初心者の方でも持っている人は多いのではないでしょうか。

ただ手札に戻すということはつまり、次のターンでもう一回使える、という事。

戻すユニットは少し考えたほうがいいです。例えばどんなユニット・どんな場合に使うといいかというと・・・?

その1:あのユニットさえどいてくれれば攻められるのに!って時
その2:ブレイブドラゴン等、場にいて欲しくない「高コスト」(進化)ユニット。

その1は例えば「魔将・信玄」などに対して。主に赤系のデッキで、焼きでは除去できないユニットに対して使うことが多いです。(アレキサンダーにも有効)
それから、相手にユニットを一体どかして「詰める」時にも使います。ジャンプーで相手ユニットをどかせば勝ち確っていう場面は結構多いですよ!

その2は主に「遅延」目的のためにやります。今回の例ではブレイブドラゴンですが、ブレイブドラゴンは「CP5」のユニットです。手札に戻してしまえば、もう一度フィールドに出すには5CPを消費しなければいけませんし、それに進化ユニットですのでフィールド上のユニットを1体下敷きにしないといけません。
特に大型のユニットが多い場合、相手もそれにブレイブドラゴンは重ねたくないはずです。

 

これだけ優秀なユニットがスターターパックに入ってるんですから、いい時代になったものですねぇ・・・。

 

 

・エンジェルビルダー

f:id:brmn:20140918183127j:plain

(C)SEGA

現在の環境トップと言ってもいいカード。

従来、焼きに対抗する手段といえばアレキサンダーや信玄が代表例でしたが、1.2EXからこいつも候補に躍り出ました。

なにより加護がついて7000BP、単体でも防御時9000BPなのが心強い。チャンプブロック(相手より弱いユニットでわざとブロックする事)すればさらに防御BPはあがる。
ランダム効果や全体効果には弱いものの、信玄と違ってそのままでも加護があり自ライフを減らさないのが強み。赤の焼きデッキにお悩みの方は採用してみては??

 

 

さて、黄色の紹介はここまでです。
案外、数は多くなかったですよねw それだけ、単体で仕事ができるユニットは貴重ですし強い、という事です

 

 

皆さんもぜひ、タッチ○○を使って素敵なCOJライフを!

 

※プロメテウスも紹介しようと思ったのですが、色的にはタッチでもヒトミなど専用の構築が必要で「単体で仕事ができる」とは言い難かったので今回は紹介を割愛しました。ご了承下さいませ。